失敗するチャンスを奪ってはいけない

先日、母とちょっと良い焼肉を食べに行きました。


鹿児島黒毛和牛のお店で、モダンな雰囲気が気に入って、プライベートでたまに使うところ。(主に人様からのゴチで)


田舎娘なので、焼肉といえば『タン!ロース!カルビ!』しか知らなかった。



接待で個室の焼肉屋を使うこと(そしてそこでは女性店員が付きっきりで肉を焼いてくれる)、

そこではワイン代抜きでも一人の単価が1万以上であること、

赤身の部位にシャトーブリアンやイチボ、ランプという味わいの異なる(そして値段も全然違う)お肉があるということ、

お肉は一切れずつ(1枚、ではないのだ。ステーキカット。)炭火で焼きレアで頂くこと、

タレも美味しいけれど、わさび&塩で頂くとますます美味しいこと。



福岡に来てから、しかも自分が働き始めてから知ったのだ。




サラダや焼き野菜、それに私セレクトのお肉を何皿か頼み、最後は母が大好きなサーロインの焼きすきを頼もうとメニューを開くと、


『福岡の高級焼肉屋さんで出てくるカルビをどうしても食べてみたい。』と。


そうだね。知らないと分からないかもしれないね。だから説明させて。


『良い肉のカルビというものは、サシがとてつもなく強くて、自分たちが普段食べている安いカルビとはワケが違う。今これだけ食べたあとにカルビなんて焼いたら私は間違いなく胸焼けを起こす自信しかない。』と。


それでも、高いカルビがどんなものか、どうしても一目見たいと言うので、心優しい私は、1番高い特選カルビを注文。


この一皿でグラスワインあと何回かお代わりできたのに。く。。。


で、焼いて食べさせたわけです。


したら、たった一切れ食べただけで、

『うわっ!すごい脂!!もう嫌!もう無理!お母さんもう一切れもいらない!!』



残りの5切れ、私が美味しく頂きましたけど??

唇がだいぶテラテラになりましたけど??




良い肉の特選カルビというものを見たことも食べたこともない母がいて、


見たことも食べたこともある私がいて、


経験のある私はそれがどんなものかを分かっていて、締めに注文するには重すぎることも分かっていて、説明はするのだけれど、


経験のない母からすると、いくら私の話を聞いてみたって、一度は見たいし食べたいし、きちんとした『経験』をしたいんですね。


それが失敗になったとしても、経験をするという経験がいるんですね、人には。

失敗するだろうという前提はあるけど、もしかしたらその前提を覆すことがあるかもしれない。それはやっぱ食べてみるということを実際に経験してからじゃないと分からない。

食べてみたら、実はめちゃくちゃ好きかもしれない。



この高級特選カルビうっぷ事件で私が思ったのは、



『失敗するかもしれないこと』を、無理に止める必要はもしかしたらないのかな、ということ。