今更だけど振り返る!(駆け足)2018年の仕事以外。

一つ前の記事が2018年の総括【仕事編】に終始しましたので、今回はプライベート編です。


●別れが多かった


・祖母との別れ。


・叔母との別れ。


・6年?7年?付き合ってた人との別れ。


・別れたあともしばらくは1人での休日になじめなかった感。


・今はもう平気。


・むしろ自分のために使える休日のありがたさよ。


・妹にのみこの破局がバレていた。




●対人関係も大きく変化


・なぜか数少ない友人ともどんどん疎遠に。


・タイミングが合わない、


・お互いに連絡を取り合わない、


・ゴリゴリの勧誘された、


・などの理由。


・友人と疎遠になることに反比例するかのように実家へはよく帰省。


・そして両親がこれまた良く遊びに来るように。


・両親への接待代高騰。


・妹と春先に一度大きな喧嘩。


・理由はしょぼい。


・ゴミは捨てる、洗濯物を放置しない、食器は洗う、お風呂を使ったら拭きあげる、自分が汚したら自分で掃除する、そういう生活スタイルでの価値観の相違。


・妹は気が付いた方がやれば良いじゃーん。何でそんなカリカリしてんの?というスタンスに、


・他ならないオレが爆発。


・仕事でも落ち込んでいるところにさらなる燃料を投下し、


・一時期は『仕事』も『プライベート』もグダグダに。


・同じ屋根の下に住みながらも約半年嫌悪な感じ。


・徐々にめでたく関係修復でき、


・秋頃からまた仲良く暮らす。




●健康への投資に意識が高まった


・歯医者通いを再開


歯列矯正することに(まだ着手できず)


・歯ブラシ、歯間ブラシ、歯間ブラシジェル、フロス、などありとあらゆる物を使って歯と歯茎のケアを。


・健康診断直前にうどんを食べるという不始末を起こし血液検査が全てできず。


・2019年はぜひ再検査へ。


甲状腺と糖尿病の検査(笑)


・ジムに入会。


・まじな筋トレで毎回筋肉痛に泣き、


プロテインを飲み始め、


・食生活の見直しへ。


・トースト&卵&野菜ジュースの朝食を摂るようになる。




●お金の使い方の変化


・家計簿をつけ始める。


・収支がかなりはっきりする。


・1人で外食や外飲みが激減。


・約50万、現金での貯金達成。


・ほぼ歯列矯正費用に消えるが、


・おかげで『あ、自分でも貯金ってできるんだ』と意識改革。


・ケチケチと節約していたわけではない。


・ご一緒した人にご馳走したり、贈り物をしたり、そういう使い方もできるように。


・もちろん自分にも気持ちよくお金を使う。


・用途不明金ってけっこうでかい。




●美容に対しての意識が上がる。


・美容室に行く頻度が上がる。


・髪の手入れをよくするように。


椿油が今の所断トツでベスト。


・この年になると肌や体型だけでなく、髪がキレイということがどれだけ大切か。


・洋服の入れ替えをしたので、シーズン毎にほぼほぼベストな洋服を購入する。


・初めて購入したダウンベストがこれまた使える。


・たまには失敗もある。


・が、もちろん買い過ぎることもなく、


・徐々にバランスの良いクローゼットへ。


・自分の肌質改善のためにマッチしたエステにも出会う。


・下半期、ちょっとエステ通いさぼったけど、また再開。




●自分を深く掘り下げて熟考する時期


・自分のモノサシを押し付ける言い方はいけない。


・他人に期待しない。


・正論は決して正義ではない。


・みんなで笑ってる方が何かとスムーズ。


・完璧主義(だとは自分で思ってなかったが)は時々しんどい。


・私って、かなりの自己チューで、かなりの傲慢ヤローだと自己認識を改める。


・新人の頃のあの尖りっぷりと浮きっぷりに今笑う。


・先輩と上司とクライアントとスタッフと、皆さんにすみませんの心境。





●自分の時間が増えた。


・仕事の時間が短くなるということは、相対的に自分の時間が長くなるということ。


・自分の時間が長くなるということは、その分お金も浮くということ。


・やりたいことができる時間があるということ。


・人間、1ヶ月で300時間働くのはやはり無理ということ(笑)




●本を読む機会がぐっと増えた


・休日昼前に行く本屋の良さ。


・新刊本はそこでコーヒーしばきながら盛大に試し読みをして、


・買うのは専ら100円の中古本。


・作者名『あ』行から攻めて行く方法を思いつき、


・今の所『か』行へ。


・新刊雑誌はほとんどを美容室で読みふける。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


若干仕事編もかぶったところもありますが、良いの良いの、だって自己満足の世界だから。


また今年の今頃見返して思うところもあるのでしょう。