ヘソが茶を沸かした話。

保険会社に転職した友人から、3年以上ぶりに会いたいと連絡が来たので出向いたら、まぁ、いわゆる保険の勧誘だった。


1件目の居酒屋で積もる話をしすぎて、飲みの終盤に差し掛かってからようやく本題。


話が終わってないからということで2件目へ。



びっくりしたの。

わりと付き合いの長い地元の友人から、

『年収いくら?』

『借金ある?』

『家賃以外の生活費はいくら?』

『健康診断の結果どうだった?』


普通の友人同士では、なかなか話題にものぼらない質問ばかりが炸裂。


ま、仕事だしさ。

営業だから売らないとダメなんだけどさ。

久しぶりに会ってゆっくり話ができて良かったんだけどさ。


保険はすでに入ってるので興味ないから、どうせなら投資系の話を持って来てと伝えてたはずなのに、

素人が売りやすい、そして会社からもこれ売ってこいと押されている商品の話しか出てこなくて、


なんだか私は私で萎えちゃって、嘘八百のテキトーなことしか答えられなかった。





私がモヤったのはさてここから。


2件目もそろそろ閉店ですのでってことで、先にお会計をやった私たち。


お互い一万円札しかなかったので、私が先に立て替えておいた。

1人1700円だから、お店でたらコンビニで崩して払ってね、とちゃーんと釘も刺した。


友人ここで何の躊躇もなく店員さんに一言。

『あ、領収書ください。宛名なしで。』


領収書必要だったら、自分から先に立て替えてはどうだろうか。

店員さんもそりゃぁ困った感じで私に領収書渡しますよね。



とりあえずもう帰るだけだし、ここはお茶を濁して退散しようと思い、友人のあとを歩いていく。


てくてく。


あ、コンビニ。


てくてく。


あ、コンビニ。


てくてく。


おーーーーい。コンビニあるよっ☆


てくてく。


ホテル着いた!

あれ!もしかして送ってくれた感じー?

1人だったら迷ってたわー!ありがとねー。








はい。黙って帰りましたよ。私は。

終電も逃して徒歩で1時間以上歩きましたよ。

そのホテルからタクシー乗ると3000円はかかるから何か悔しくって(笑)



翌朝早く。


おはよー。昨日は時間作ってくれてありがとう。

さっそくだけどあなたにピッタリの保険組めたから来週あたりにまた会いたいんだけど、いつなら時間作れる??



バカバカしいから、これはもうヒラリと羽のようにかわすしかない。

そうよ私は羽になるのよ。



年末は繁忙期でほとんど休みないから、ちょっと分かりませーん。


了解。また時間作れそうになったら連絡ください。こちらからもまた◯日なら都合どう?って感じで連絡させてね。


既読スルー。 




ふぅ。


私は決めた。

明日にでも『この間の2件目の飲み代1700円まだ頂いてないので、下記の口座に振り込みよろしくねー。』とラインしよっと。



なぜ、友人間の金銭問題にルーズな人から金融商品買ったりしなけりゃいけないのかしら。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


追記。


ライン送った。

代金まだ貰ってないので、この口座に振り込みお願いします。


速攻で返信きた。


わーーーーー!ごめーん!

忘れてた!!今日中に振り込むね。




無視されたり、更に踏み倒されてなかっただけ、今回はマシだね。

私も良い社会勉強になったな。


別の友人からは、それってフェードアウト案件やね、と言われ、

母からは、それって、もう友達じゃないから、すっきりさっぱりしたら?と助言をもらった。