ミニマリストの崖っぷち恋愛模様【10】

台風のせいで、そりゃーもう忙しいのよ。


いつもならやらなくて良い調整が大挙して押し寄せてくるもんだから。


なぁんて。

たまにはこうして仕事にオラオラ振り回されるのも、実はけっこう好きなのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


別れたN氏からは、

図られたように2週に一度ラインがくる。


つい最近は、私の誕生日の朝イチだった。


ほんとに一行、

『お誕生日、おめでと。』



なんでかここで、ぐっと嬉しくなっちゃって、夕方にようやく『ありがとう』って返信。


1ヶ月以上ぶりのラインのやりとり。

元気にしてるの?

ちゃんとご飯食べてる?


ちょっとうっかりホロリときそうになるんだけど。


(いや、言い訳じゃないんだけど、このあたり、ちょうどガッツリと色々うまくいってない時でさ。)



N氏『そろそろ会いたいんだけど。ご飯でも行かない?』


 



この言葉を見たとき、私は思った。


あ、この人とは、ほんとにもう男女の付き合いはないな、って。




私は、口だけの人よりも、具体的な行動を取れる人が好き。



本当に会いたいのなら、こんな1ヶ月経ったあとに、まだ会いたいんだけどって言う前に、



会いに来れるもんね。



お互いの家だって知ってる。

仕事先だって知ってる。

おおよそのシフトも見当がつく。



会おうと思えば、いくらでも会える状況なのだ。



でもN氏はしないのだ。


それが答え。


それ以上でも以下でもない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


はい、こういう時に、

分別のついたアラサーオンナはついこう考える。


別れた男からちょっとでも『会いたいんだけどな』と言われて、会いに行ったら、


『なーーーーーーんだ。

別れる別れるって言っても、会いたいの一言で簡単に出てくるじゃん。

なんだかんだ、俺のこと、好きなんじゃん。』



どうですか。

これ。


私なら、まじで悔しすぎるんですけど(笑)


そこまでして私の貴重な時間あげられないわよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


まぁ、そこまでなかったとしてもね。



お金も時間も気持ちも一ミクロンもかからない、


『たかが』ライン一本でさ、



『まだ会いたい』なんてさ、



ちょっとあんた、楽しすぎなんじゃないの?



とはちょっと思うよね。